犬種別!おいしいドッグフード

ポメラニアンに適したドッグフード

ポメラニアンは、小型犬でフワフワの被毛でコロコロと動き回る「生きたぬいぐるみ」と呼ばれるほどの愛らしさですが、番犬を改良されたため勇敢で、頭が良くよく吠えます。丈夫で、持病の少ない犬種ですが、基本的に消化器官が弱く食が細い犬種です。フードを食べない、食いつきが悪いといった悩みもよくあります。

しかし、これはほとんどの場合、おやつとしてのドッグフードの与え過ぎと運動不足です。フードを食べないのでおやつを与えていると、ワンちゃんはフードを食べなければおやつが貰えることを学習して、ますますフードを食べなくなるという悪循環になります。散歩の途中でつい抱っこしてしまうことも、小型犬にはよくあることです。運動不足でお腹が空いていないのでフードを残し、心配した飼い主さんがおやつを与えてしまうというパターンです。

フードで栄養やカロリーを摂らないと、体調不良や病気になりやすくなりますので、フードを食べなくなった場合は、おやつの量や回数を見直しましょう。

市販のフードに、ポメラニアン専用というのを見かけないのですがなぜですか?

専用フードというのは、他の犬種よりもある部分をサポートしなければならない場合に作られます。ポメラニアンの場合、特に注意をしなければならない先天性や遺伝性の病気が少なく、専用フードを作る必要がないと考えられているのだと思います。

専用のフードがないと不安ですが、どんなフードを与えれば良いのでしょう?

しいていえばポメラニアンは、骨折や関節のケガをしやすいので骨や関節を強化するためにも、良質な動物性タンパク質やグルコサミンなどが入った栄養価が高いフードが良いです。また、大型犬に比べて内臓が小さいため、穀類を消化するのが苦手で、穀類が多く入っているフードは下痢や嘔吐をすることがあります。そして体が小さいため、少量の添加物にも影響を受けやすいです。穀類不使用で添加物・着色料などを使っていない小型犬用の小さな粒のフードがおすすめです。

太り気味なのですが、ダイエットフードに変えるべきですか?

肥満になると病気にもかかりやすくなりますから、できればダイエットをさせたいですが、小型犬の場合、元々が小食なのでカロリーの低いフードに変えて、おやつをたっぷり与えていては栄養も取れなくなって病気になりやすくなります。

まず、原因を考えましょう。

  • フードの与え過ぎの場合、年齢に合った量を与えているか確認しましょう。
  • おやつの与え過ぎの場合、飼い主さんの強い意志が必要ですが、すぐにおやつを止めさせましょう。
  • 去勢手術の後、ホルモンの関係で太る場合、獣医さんに相談しましょう。
  • 運動不足の場合、ポメラニアンは甘え上手ですので抱っこをせがみますが、心を鬼にして歩かせましょう。

生活習慣を見直して、それでも肥満が改善されないようでしたら、病気を疑って獣医さんに相談しましょう。ポメラニアンは育てやすい犬種ですので、良質なドッグフードと適度な運動、毎日のブラッシングで、可愛い姿を維持できます。