犬種別!おいしいドッグフード

トウモロコシが原材料に使用されているドッグフード

ワンちゃんに、トウモロコシが必要か必要でないかというと、まったく必要ありません。

すべての犬の先祖はオオカミです。つまり、犬の先祖は肉食で、穀類を食べることはなかったのです。人間に飼われて、人間の食べ物の残りを与えられるようになり、雑食性になったのですが、もともと穀類を消化する内臓ではないため、小型犬などは特に、穀類が入っているフードを食べて、下痢や嘔吐、アトピーなどの病気で苦しむワンちゃんが多いのです。

なぜドッグフードにトウモロコシが入っているのですか?

トウモロコシの価格が安いため、フードのコストを下げやすいからです。安く提供しているフードには、必ず入っているし、健康志向のプレミアムフードには、ほとんど入っていません。

トウモロコシ入りフードは避けるべきでしょうか?

ワンちゃんにとっては、動物性タンパク質が主材料のドッグフードがおすすめですが、一概にトウモロコシ入りが悪いとも言い切れません。というのは、人間に飼われるようになり雑食性に変わった犬には、トウモロコシは害のある食べ物ではないからです。トウモロコシが害になるのではなく、トウモロコシをカサ増しに使い必要な動物性タンパク質を減らしているところがいけないのです。

ワンちゃんを毎日観察していると、糞の形状、毛艶や涙やけ、皮膚の状態などでフードが合っているかどうか解ります。トウモロコシが入っているフードでも、健康で元気なワンちゃんにはそのフードが合っているということです。逆に、アレルギーが出ているとか、下痢や糞の量が増えているワンちゃんには、そのフードが合わないので、すぐにフードを変えましょう。ワンちゃんを見て判断してください。

フードの原料に「チキン」「トウモロコシ」「小麦」「コーングルテンミール」と表示されている場合は、チキンが一番多く使われているのですね?

市販のドッグフードの原材料表示は、たくさん含まれている順に表示することになっています。この場合は一見「チキン」がたくさん入っているように思えます。しかし、これはトリックかもしれません。「トウモロコシ」のことを「コーングルテンミール」「トウモロコシグルテン」といった表記がされたりするのです。つまり、「トウモロコシ」と「コーングルテンミール」はどちらもトウモロコシなので、もしかすると「チキン」より「トウモロコシ」「小麦」といった穀類のほうがたくさん入っているかもしれません。

フードを選ぶときは、こういったトリックを見破ることが必要です。