犬種別!おいしいドッグフード

ドライのドッグフードはダニに注意

開封後の食品のダニの繁殖が話題になっています。最近は小麦粉などに、開封後は密閉し冷蔵庫で保管するよう注意書きが記載されています。すべての人に、症状が出るわけではないのですが、ダニアレルギー体質の人には、健康上危険な問題になります。

じつは、ワンちゃんのフードにも同じことが言えます。ダニには「ダストマイト」といって、剥がれ落ちた皮膚や埃を食べて生きるダニと、「ストレージマイト」といって、穀物や乾草やドライドッグフードを食べるダニがいます。ドッグフードに発生するのは「ストレージマイト」、直訳すると「貯蔵ダニ」です。

ドライフードを高温(25~30度)高湿度(80%)で保管するとカビが発育して、ダニが発生します。これがアレルゲンとなり、アレルギー体質のワンちゃんは下痢や皮膚病を発症させることがわかっています。たとえば、病院で購入したアレルギー用ドライフードでも、高温多湿で2~3ヶ月保存した場合、ダニが発生しているためアトピー症状をよけいに悪化させてしまうのです。市販のフードには、ダニが発生しないように添加物を入れているものがあり、逆にダニが発生するフードのほうが良いとも言えますが、開封後のフードは酸化だけでなく、ダニにも注意しなければなりません。

フードにダニを発生させないためにはどうすればいいの?

  1. 1ヶ月で食べる量を購入する。
  2. 気密性の高い密閉容器へすぐに移し変える。
  3. 保存容器はフードを入れる前に洗剤で洗って煮沸し、よく乾燥させてから入れる。
  4. フードの空袋はすぐに捨てる。
  5. 食器は毎回洗剤で洗い、できれば煮沸消毒して乾燥させる。

つまり、高温多湿で保管しないこと、紙袋は汚染されやすいので紙袋で保管しないこと、開封後は開け口をクリップなどで止めたりしないで、密封容器に入れて早めに使い切るなどの注意が必要です。たとえば、清潔な密封容器に小分けして冷蔵庫に入れるのが一番良い方法です。

人の食品と一緒に冷蔵庫に入れたくない場合や、量が多いので場所を取るため入れられない場合はどうする?

小型犬の場合は、フードの袋を開けたらすぐに、1週間くらいで食べきれる量に小分けして、密封出来るジッパー式の袋に入れ、出来るだけ空気を抜いて密封し冷暗所で管理http://mari-movie.jp/shut.htmlします。

大型犬の場合は、理想を言えば1キロ入りぐらいのフードを購入して、開封してから食べ切るまであまり日数が掛からないようにすることをおすすめします。経済的な大袋のフードを購入するときは、開封後はしっかりと蓋の出来るシール蓋付の容器に入れて保存するようにしましょう。

特に高温多湿の夏場は、ダニの増える季節ですので、フードの管理をしっかりする必要があります。