犬種別!おいしいドッグフード

トイプードルに適したドッグフード

ぬいぐるみのように愛らしいトイプードルは、賢くて人懐っこく、抜け毛も少ないため室内飼いの多い日本では大人気の犬種です。人気犬だけに、専用フードhttp://xn--qckubrc3d4m.biz/dogkind.htmlも数多く市販されていています。

市販のフードは多すぎて迷ってしまいます。どんなものを選べばよいでしょう?

トイプードルは、小型犬なので、添加物がたくさん入っているフードを与え続けていると、病気になってしまいます。できるだけ動物性たんぱく質が主に配合されているもの、そして、穀物・人口添加物・着色料・香料などが不使用のものを選んでください。

また、小型犬は膝蓋骨脱臼を起こしやすいので、コンドロイチン・グルコサミンが配合されていると健康管理に役立ちます。アレルギーを持つ犬には、ラム肉やハーブを配合したフードもおすすめです。普段からウンチがゆるいワンちゃんは、もしかすると配合されている肉が合わないのかもしれません。

使用されている肉を調べて、別の肉を使っているフードに変えてみることをおすすめします。これらの条件を満たすフードはホームセンターなどでは見かけず、通販で購入するものが多いです。購入には時間と手間がかかりますが、口コミなどで人気があるフードは、試してみる価値はあると思います。

最近、フードを食べてくれなくなったのですがどうすればいいでしょう?

トイプードルは、食欲旺盛な犬種ですから食いつきが悪くなることはまれです。ほとんどの場合、おやつの与え過ぎだといわれています。まず、おやつを減らし運動をさせて、フードを食べさせる習慣をつけさせます。健康なトイプードルなら、2~3日絶食しても大丈夫なので、10分経っても食べないときは片付けます。新鮮な水だけは飲める状態にして、食事のしつけをやり直すことをおすすめします。

目の下がクマのように黒ずんでいるのですが?

これは涙やけと呼ばれ、病気ではないのですが、目立つので治してやりたいですね。涙が出る原因はいろいろですが、もしかすると食物アレルギーかもしれません。フードを変えてみるのも1つの方法です。

フードのたんぱく質には、牛や豚、鶏、羊、鹿、魚など様々な種類があります。ワンちゃんによっては合わないのかもしれませんので、食べさせているフードのたんぱく質の種類を確認して、違うフードに変えてみましょう。

太り気味です。どんなダイエットフードがいいでしょう?

ダイエット用に開発されたドッグフードは、カロリーを制限しながらも、食物繊維やビタミン、ミネラルなど必要な栄養素を十分に摂取できるように考えられています。ペットショップや獣医さんに問い合わせれば、適したフードを教えてくれます。膝蓋骨脱臼のリスクが高いトイプードルにとって、肥満は大敵ですので、ぜひダイエット用のフードをおすすめします。もし、いつものフードでダイエットさせるなら、フードの量を減らし、その分キャベツなどの野菜を茹でて細かくしたものを混ぜるといいです。

食事と共に、運動量も少しづつ増やして、健康にダイエットできるようにしてあげてください。